FC2ブログ
普通のサポート
パソコン経験31年のオジサンが日々のサポートを綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Illustratorで作った版下をP-touch Editorで使うには

Q Illustratorで作った版下をP-touch Editorで使うには?

A 下記の手順で利用します。

  1. イラストレータ上で下記スタンプサイズ内で版下を作る。
    サイズ 印面実寸 サイズ 印面実寸
    1212 9.8mm× 9.8mm 2020 17.9mm×17.9mm
    2727 24.0mm×24.0mm 3030 27.1mm×27.1mm
    4040 37.3mm×37.3mm 1060 7.8mm×57.9mm
    1438 11.9mm×36.2mm 1850 15.9mm×47.8mm
    2260 19.0mm×56.9mm 2770 23.7mm×67.1mm
    3458 31.2mm×54.9mm 4090 37.3mm×86.7mm
  2. 「ファイル」→「データ書き出し」でファイルの種類をTIFFまたはBMPに指定して保存する。
    ※オプションは以下の通り
      TIFFオプション BMPオプション
    カラーモード グレースケール モノクロ2階調
    解像度 その他(600dpi) その他(600dpi)
    アンチエイリアス なし なし
    LZW圧縮 なし -
    バイト順序 SC-2000接続の
    PC機種に合わせる
    -
    ファイル形式 - Windows
  3. スタンプサイズを設定し、画面下部にある「図」で保存した画像を読み込む
    • 画像が表示されない場合は、「表示」→「モノクロ表示」のチェックを外す。
    • 画像の上でダブルクリックして表示されるプロパティ画面の「イメージ」→「透過」をチェックすると枠の点線が見えるので位置合わせが容易になります。
    • イメージのサイズが変わってしまう場合は、「ツール」→「オプション」→「取り込み」の画面で取り込みサイズを「オリジナルサイズ」に設定してください。
    • 思ったより画像サイズが小さくなってしまう場合は、元の版下上のサイズ外に見えないオブジェクトが存在しているのでこれを取り除くか、「ファイル」→「プリンタ/用紙の設定」で「その他のプリンタ」を選択してから「図」で読み込みそのあと、プリンタ設定を戻してください。
  4. 「ファイル」→「印刷」を選択し「ドキュメントの種類」を「ロゴ」に設定して、スタンプクリエータプロに出力する。

スポンサーサイト

テーマ:パソコンサポート - ジャンル:コンピュータ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。